面接

就活の面接でよく聞かれる質問の意図と回答のポイントを元人事が徹底解説!

就職活動をしている学生や転職活動中の方にとって、面接でどんな質問をされるのか気になりますよね。

「事前にどんなことが聞かれるのかわかっていれば、しっかりと準備をしていけるのに…」と思っている方は多いのではないでしょうか。

面接とは、  エントリーシートや履歴書、職務経歴書などの書類ではわからない個性や人となり、コミュニケーション能力などを見るために行われるものです。

面接官は、更に「あなたことを知りたい」という気持ちで質問をしています。
質問に対する具体的な回答はもちろん、その質問の意図を的確に汲み取ってポイントを押さえておくことで、面接官の知りたいことをしっかりと伝えることができます。

今回は、面接でよく聞かれる質問とその回答の際のポイントを元採用担当の筆者が徹底的に解説します。

この記事を読めばコレがわかる!
  • 面接でよく聞かれる質問
  • 面接官がどんな意図でその質問をしているのか
  • 回答の際の大事なポイント

 

就活の面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

Q.当社を希望された理由は何ですか。

 

この質問の意図

いわゆる、志望理由ですね。
面接官は、『志望度がどれくらいか』を知りたくてこの質問をしています。

どれだけその会社に対して企業研究をしているか、何を魅力に感じているのか、他社と比べてどんなところが良いのか、という事を熱く語っているかで判断します。

「勤務地が良かったから」「この業界に入りたいから」などでは、面接官にとっては「どこでも良い」という風に聞こえてしまいます。しかも、浅い志望理由だとみなされて志望度も低いと判断されてしまいます。

もし、告白のシーンで「私(僕)の何を好きになったの?」と聞いて、「女だったから」「近くに住んでるから」と言われたら、「誰でも良いじゃん…」とお断りしますよね。そういうことです。

志望理由は、その会社へのしっかりと愛を伝える機会です。
例え志望度が高くなくても、事前に企業研究をして、その会社独自の魅力的な点を話せるように準備しましょう。

 

回答の際のポイント

まずは、「なぜその会社・職種なのか」を、経験や自己分析の結果からまとめて答えます。
その後、『条件面』ではなく『仕事自体のやりがい』や『能力を活かせる点』を協調して話しましょう。

「こんな魅力的でこんな特徴のあるこの会社だからこそ、自分のやりたい事ができる!能力を活かせられる!」と熱く伝えると、面接官の心に響きます。
「お給料が良いから」「勤務地が良いから」「福利厚生が良いから」という理由も言っても大丈夫ですが、このような理由は後付け程度にしておきましょう。

転職活動では、今までの職歴と異なる職種を希望する場合や、フリーターから正社員を目指す場合などは、方向転換の理由を面接官が納得いくように伝えることが大事です。
方向転換の理由として、前職の人間関係、業績評価、給料などへの不満は言わない方が得策です。
自分の能力やスキルなどをどう伸ばしたいのか、今までの経験をどのように新しい職種で活かすのか、自分のやりたい事が新しい職種でしかできない、などいった的確な理由を準備しましょう。

Q.当社に入社したら、どんな仕事がしたいですか。

 

この質問の意図

面接官は、「この会社で活躍してくれそうか」ということを知りたくてこの質問をしています。

軽い気持ちで採用試験を受けた場合、その会社で働いている自分を頭でイメージできませんよね。
「この会社でこんなことがしたい!」と明確なビジョンがある場合、この質問にはすぐ回答ができると思います。

実は面接官にとって「一緒に働きたい」と思える人とは、この質問にしっかりと答えられる人です。

「この会社に入るイメージができている人」=「入社後の自分の活躍が想像できる人」
「入社後の自分の活躍が想像できる人」=「面接官が一緒に働きたいと思える人」

逆に「入社後の活躍が想像できない人」は、「一緒に働きたい」なんて思えないですよね。

 

回答の際のポイント

まずは大前提として、「その会社のイメージ」、「その会社で働いている自分のイメージ」を持っておくようにしましょう。

仮にその会社に入社したら、「こんな風に働いていそうだな」「あの部署であんな業務をしてそうだな」など、頭で想像してみると、この会社で自分がどう働きたいのかが明確になって言葉にできるはずです。

むしろ、自分がその会社に入社するイメージがつかなければ、直感的にその会社は自分に合っていないのだと思った方が良いです。

もし、告白のシーンで「この人とデートしているイメージがつかない…」「この人と手を繋ぐことは難しいな…」と思ってしまったら、お断りしますよね。
それくらい「イメージがつくかつかないか」ということは大切なのです。

この質問に回答する際は、自分がその会社に入社した後の事を想像して、それを言葉にして具体的な内容で伝えることが大事です。

 

Q.あなたの長所・短所は何ですか。

 

この質問の意図

面接官は、「自分の短所を改善する能力があるか」「どんな個性なのか」ということを知りたくてこの質問をしています。

まず面接官は、「自分の良いところ・悪いところ(=個性)を自己分析や他己分析などによって認識しているか」確認します。
そして、その個性をどのように日常生活で活かしていくのか、または改善していくのか、ということを最終的に聞き出そうとします。

もし、恋人が自分の悪い部分を自覚していて、何回もそれで喧嘩になっているのに、直そうとしなかったり、改善しようとする努力が見られなかったら、呆れてしまいますよね。どうしても許せない場合は、別れることになるかもしれません。

面接官も同じで、自分の悪い部分を認識しているにも関わらず、改善する努力をしない人とは一緒に働きたいと思えません。
そのような人は、入社後も自分のミスや悪い部分を見つけても修正したり改善したりしない可能性が高いので、ビジネスパートナーとして信用することは難しいです。

ちなみに、長所はとことんアピールして欲しいと面接官は思っています。
面接官は、応募者の個性や良いところを知りません。なので長所をアピールしてもらうことによって、「その長所はこの会社で活かせそうか」「チームプレーをする上で大切な協調性を持っているか」「一緒に働きたいと思えるか」という判断が下せます。

回答の際のポイント

長所については、能力や性格など自分を売り込める点を積極的にアピールしましょう。
勢いでグイグイ長く熱く話すのではなく、あくまでも謙虚な姿勢でアピールすると印象が良いです。
「長所をどのように日常生活で活かしているのか」を具体的に話すと、面接用に作られた長所ではないことを証明できます。

短所について話す時、つい弱気になってしまうかもしれません。ですが、面接とは自分の売り込み・ プレゼンテーションの場です。
「この短所は裏返せば長所になる」「克服しようと具体的な努力をしている」などというようにプラスの方向で答えるようにしましょう。

このような回答であれば、質問の意図をしっかりと汲み取れているので、印象がアップします。

 

Q.残業はできますか。転勤はできますか。

 

この質問の意図

このままの通りです。隠された質問の意図は特にありません。

ただ、このような条件面の質問をされた時に、「はい、大丈夫です」と回答した場合は、後からくつがえすことは難しいです。

面接官は、この質問に対して「はい」「いいえ」どちらの回答でも気にしていません。
最終的な部署や職種を決定する上で重要な項目となるので、事前に聞いているだけです。
つまり、部署や職種が決定した後に「やっぱり無理です」と言っても聞いてはもらえません。

このような質問に対しては、ただ純粋に素直に答えて欲しいと面接官は思っています。

回答の際のポイント

残業・転勤など条件面などの質問に対して、特に問題ない場合は「はい、できます」という回答で良いです。

もし、病気・通院・子どもの保育・親の介護などが必要だったり、外せない条件があったりする場合には面接の段階できっちり伝える必要があります。

「いいえ、できません」と答えると、「印象が悪くなってしまうかもしれない、、、」と思って、無理に「はい、できます」と答えてしまうと、入社後に残業や転勤をさせられてしまう可能性があります。面接で「残業・転勤できる」と伝えたのは自分なので、面接官などを責めることはできません。

このような質問に対して無理して逆のことを言ってしまうと、自分の首を自分で絞めることになるので、会社のためにも自分のためにも、ここは包み隠さず素直に答えましょう。

ここで「いいえ、できません」と答えてそれが原因で不合格になった場合は、「その会社に入社しなくて良かった」と思うようにしましょう。そんなことで不合格にする会社は、社員の生活や事情を全く考慮しない・できないほど余裕がない会社です。

面接の時点では会社の都合よりも自分の都合を優先した方が、入社後の生活に支障をきたしません。

 

Q.学生時代に頑張ったことはなんですか。

 

この質問の意図

面接官は、「どう困難を乗り越えたか」ということを知りたくてこの質問をしています。

学生は社会人経験がないので、面接官は「仕事で壁にぶち当たった時にどのように解決するのか」ということを聞くことはできません。なので、「学生時代に頑張ったこと」を知ることで、「どのように目の前の大変なことや困難なことに立ち向かったか」ということがわかります。

面接官は、「頑張ったこと」(What)を強調して欲しいのではなく、「どう頑張ったのか」(How)を強調して欲しいので、「頑張った対象」については特に気にしていません。

よくある回答として、「クラブ活動で部長を務めたこと」や「バイトリーダーとして皆をまとめた」などがありますが、正直に言ってしまうと部長だろうがリーダーだろうが会長だろうが、面接官はどうでも良いのです。

部長であってもなくても、「目の前のことにどう処理・対応したのか」「困難をどう乗り越えたのか」が一番重要です。

頑張った結果、良い実績を出せなかったとしても、面接官はHowが聞けただけで十分なのです。なぜなら、「入社後に困難があっても諦めずに立ち向かっていけそうな人」が「一緒に働きたい」と思える人だからです。

 

回答の際のポイント

学生時代の中で、特に自分が工夫や努力をして頑張ったことを伝えましょう。
肩書きや役職、大きな実績を言ってしまいたくなる気持ちはあると思いますが、本当にその肩書きや実績は自分が困難を乗り越えて手に入れたものなのか考えてみましょう。

面接官は、「入社後に困難があっても諦めずに立ち向かっていける人か」ということをこの質問を通して判断しているので、肩書きや実績、結果が輝かしくても中身がほとんど空っぽの場合は良い評価になりません。

困難を乗り越えたエピソードを話せるように事前に準備しておきましょう。

 

Q.何か質問はありませんか。

 

この質問の意図

応募者の不明点を解決するためでもありますが、実はやる気や志望度を量っています。

志望度が高い会社であれば、もっと知りたいと思うはずですよね。もっと知りたいのではあれば、質問をするはずです。

質問をしないということは、「この会社にあまり興味ありません」と言っているようなものです。

もし自分の好きな人が目の前にいたら、「たくさん話したい!もっと知りたい!」となって、自分から話しかけたり質問をしたりしますよね。
面接でもこれは同じと思った方が良いです。

回答の際のポイント

事前に会社への質問をいくつか用意しておきましょう。

どの会社でも通用するような質問でも、自分のアピールを混ぜた質問でも何でも良いです。
志望度が高いことを伝える時には、その会社独自の質問をしてみましょう。HPに載っていたことや会社説明会で話していたことを踏まえて質問すると、しっかり企業研究をしているというアピールにもなります。

「特にありません」では、やる気を疑われてしまうことがあるので注意をしましょう。

 

まとめ:質問の意図とポイントを見極めて回答しよう

今回紹介した面接でよく聞かれる質問の意図と、答える際のポイントはこの通りです。

よく聞かれる質問の意図とポイント

Q.当社を希望された理由は何ですか。
【意図】
志望度はどれくらいか
【ポイント】
『条件面』ではなく『仕事自体のやりがい』や『能力を活かせる点』を強調

Q.当社に入社したら、どんな仕事がしたいですか。
【意図】
この会社で活躍してくれそうか
【ポイント】
「その会社のイメージ」「その会社で働いている自分のイメージ」を具体的に話す

Q.あなたの長所・短所は何ですか。
【意図】
自分の短所を改善する能力があるか、どんな個性なのか
【ポイント】
「長所の活かし方」「短所を改善する努力」を盛り込む

Q.残業はできますか。転勤はできますか。
【意図】
このままの通り。
【ポイント】
会社のためにも自分のためにも包み隠さず素直に答える

Q.学生時代に頑張ったことはなんですか。  
【意図】 
どう困難を乗り越えたか
【ポイント】
困難を乗り越えたエピソードを話せるように事前に準備しておく

Q.何か質問はありませんか。
【意図】
応募者の不安の解消、やる気はあるか
【ポイント】 
基本必ず質問する、事前に会社への質問をいくつか用意しておく

就職活動や転職活動では、面接での評価がとても重要です。
面接の評価を上げるためには、見た目などの第一印象だけでなく、質問の意図を汲み取った回答をする必要があります。事前に質問の意図がわかっていれば、緊張して上手に話すことができなくても、的確に回答ができます。

【就活生必見】元採用担当者が教える面接で印象をアップさせる方法 と考えたことはありませんか? 就職活動において面接は必要不可欠です。 面接では、もちろんあな...

面接官は1日に数十人、1年間で数百人と面接をしているので、全員の回答内容や話を憶えることはできません。しかも、印象に残る人とはそのうちの数人だけです。
面接官の印象に残るためには、第一印象が良く、質問の意図を汲み取り的確に回答し、企業研究をしっかりしている必要があります。
(逆にそれらが出来ていない人は、悪い印象が残ります。)

もし、変わった質問やすぐに答えられないような質問をされた場合は、面接官は基本的に個性、瞬発性、対応力を見ていると思ってください。
パッと答えられるような人もいれば、黙り込んでしまう人、泣いてしまう人、「少し考えさせてください」と言える人がいるでしょう。
「入社後に何か想定外のことが起こった時にどのように対応するのか」ということを見ているので、黙り込んでしまうことと泣いてしまうことはあまり印象が良くありません。
職種によっては、お客様や取引先と直接やり取りする場面があるのでとても大切になってくることです。

基本的に、事前によく聞かれる質問の意図とポイントを押さえておいて、しっかりと事前準備や企業研究をしておけば、面接で焦ることはありません。
それくらい事前準備は重要です。

今回の記事では、面接でよく聞かれる質問とその意図、そして回答の際のポイントを紹介しました。
これから面接を受ける方に参考になれば嬉しいです!

皆さんの就職活動を心から応援しています。

面接で気付かないうちに印象を悪くしている『くせ』8つ【実は意外とやっているくせばかり】 就職活動において面接での印象は、合否に影響するとても重要な要素です。 就活生の印象が決まるポイントは、『身だしなみ』『表情...
就職活動の面接で人事が見ている3つのポイント【元採用担当者が解説】 就職活動で避けては通れない面接。 と考えたことはありませんか? 面接をする理由は、履歴書(またはエン...